ブッチャー・ボーイ

Butcher Boy, The

Neil Jordan / Eamon Owens,Stephen Rea,Fiona Shaw / 1998

★★★★★

これは凄い

 ニール・ジョーダン(『マイケル・コリンズ』)の監督作品。パトリック・マッケーブというアイルランド人作家の原作を映画化したものらしい。アイルランドの田舎町を舞台にした、少年の成長物語。ただしとんでもない成長をする。『ライ麦畑でつかまえて』の、論理的に煮詰めたバージョンとでもいうべきか。ジョン・アーヴィングっぽいというべきか。

 この少年を演じるイーモン・オーウェンズが、何かが憑いてるんじゃないかというぐらいの名演を見せる。何が憑いているのかよくわからないが、子役だったころのミッキー・ルーニーの口を悪くしたバージョンとでもいうべきか、マルカム・マクダウエルのぽっちゃりとした少年時代とでもいうべきか。まあとにかく凄いエネルギーで押しまくる悪ガキを、のどかなアイルランドの田舎町と田園の風景の中に捉えるというシニカルな態度の映画。

 映画として非常によくできていて面白いのだが、とにかくこの子役が凄すぎて他の事柄が印象に残らない。そういうのも困ったもんだ。

 シニード・オコナーが聖母マリア役で出演している。

2000/6/17

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ