ポーリー

Paulie

John Roberts / Hallie Kate Eisenberg,Gena Rowlands,Jay Mohr / 1998

★★★★★

おそろしくよくできたファミリー映画

 『愛が微笑む時』を見て、これほどよく出来た映画はめったにないだろうと思ったら、これも良かった。喋るオウムのポーリーの冒険物語。監督は『草原とボタン』のジョン・ロバーツで、これは2作目。

 『家路』"Lassie Come Home"と同じ、飼い主のもとに戻ろうとするペットが、優しい人々に助けられ、悪い人々に脅かされながら大冒険をするというストーリーなのだが、主人公が喋るオウムであるだけにその冒険物語も風変わりである。子供向け映画としての配慮もものすごく巧妙で、隙なくがっちりと固められているという感じ。

 ポーリーの声を担当しているのは、『サタデー・ナイト・ライブ』出身のジェイ・モーア(『スモール・ソルジャーズ』)。ポーリーが出会うケチな悪党の役も演じている。旅の過程で出会う人にジーナ・ローランズとチーチ・マリンが出ていて、両方ともなんだか凄い迫力。ポーリーの話相手となるロシア人はトニー・シャローブ(『普通じゃない』『パーフェクト・カップル』)。しかし一番凄いのは、ポーリーの飼い主の子役、ハリー・ケイト・アイゼンバーグ。これは長く記憶に残りそうだ。

2000/7/1

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ