ガタカ

Gataca

Andrew Niccol / Ethan Hawke,Uma Thurman,Alan Arkin,Jude Law,Ernest Borgnine / 1997

★★

懐かしい感じのするSF小編

 監督のアンドリュー・ニコルはコマーシャル・フィルム出身で、これがデビュー作のニュージーランド人。この後に『トゥルーマン・ショー』の製作と脚本にも絡んでいる。

 『華氏451』、『未来惑星ザルドス』、『ソイレント・グリーン』あたりを思い出させる懐かしい近未来SF。そういうジャンルではそこそこの出来ではあるが、こういうout of fashionなタイプの作品に挑戦しているわりには、これといった売りがない。そういう意味では実に不思議な映画だった。

 イーサン・ホークとウマ・サーマン(『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』の2人が1960〜70年代近未来SFの出演者たちのような時代錯誤の演技をする。イーサン・ホークが入れ代わる遺伝子エリートの役を演じているジュード・ロウは、今後大活躍しそうな予感。アーネスト・ボーグナインやアラン・アーキンなど、懐かしい人が出てくるが、まあ要するにこのあたりの人々が出ていた頃の映画が好きだということなんだろう。その趣味は悪くはないが、これらの人々が出ていた昔の映画を超えることはできていないということだ。

2000/7/6

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ