ランダム・ハーツ

Random Hearts

Sydney Pollack / Harrison Ford,Kristin Scott-Thomas,Bonnie Hunt,Susanna Thompson,Peter Coyote / 1999

★★

最初の方はよくできているんだが

 シドニー・ポラック監督作品。シドニー・ポラックは1980年代以降の監督作品にはまともなものがないことに気づいて改めて驚いた。プロデューサーとしてはいい仕事をしているのだが。この映画はハリソン・フォード(『6デイズ7ナイツ』)とクリスティン・スコット=トーマス(『モンタナの風に抱かれて』)のロマンスもの。互いの配偶者が飛行機事故で一緒に死んだことをきっかけに出会うが、いろいろと障害があってロマンスが進行しないという話。

 この映画、最初のうちは非常に良いのである。飛行機が落ちるまでぐらいだろうか。その後はひたすら、しなびたハリソン・フォードとくたびれたクリスティン・スコット=トーマスの顔を見せられてうんざりする。何が悪いのかというと、たぶんそもそものストーリーと、脚本と、この2人の主演俳優の資質だろう。私には、飛行機事故で死んだピーター・コヨーテ(『カイル・マクラクラン/ルート9』『スフィア』『パッチ・アダムス』)とスザンナ・トンプソン(『ゴースト・オブ・ミシシッピ』に出ていたようだが、どの役かわからない)の2人の方がずっと幸せそうで魅力的なカップルに見えた。フォードとスコット=トーマスが浮気されたのも仕方がないだろうという感じだ。

 そのような問題が表面化しない最初のうちの映画のつくりはさすがにうまい。しかし根本的なところに問題があるとさすがにどうしようもないということがよくわかる映画ではあった。

2000/8/6

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ