ブラック・ライト

Black Light

Michael Storey / Michael Ironside,Tahnee Welch / 1998

★★

かなり退屈

 監督のマイケル・ストーレイはカメラ出身のようで、監督はこれが初めて。たしかに暗い凝った映像を使っているが、効果はいまひとつ。ちょっと自己満足という感じが否めない。

 透視者の女性、ターニー・ウェルチが事故で視力を失い、幼児連続殺人の捜査に協力していると、その犯人が襲ってきたという話。マイケル・アイアンサンドは彼女を助ける刑事。

 サブプロットがいくつかあるのだが、どれも本筋にうまく統合されている感じがせず、いくぶん退屈である。『暗くなるまで待って』のようになるのかと思ったらそうでもなく、主人公が犯人の視点で物を見ることができるという設定がうまく活かされるのかと思ったらそうでもない。脚本に根本的な欠陥があるという感じだ。

2000/8/18

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ