この森で、天使はバスを降りた

The Spitfire Grill

Lee David Zlotoff / Alison Elliott,Ellen Burstyn,Marcia Gay Harden,Will Patton / 1996

★★★

終盤にかけて弱いか

 サンダンス映画祭で観客賞を受賞した作品。その手の映画の限界を突き破れていない標準的な映画。監督のリー・デヴィッド・ズロートフはTVシリーズの『マクガイバー』のクリエイターとしてクレジットされている脚本家出身で、本作は映画第1作。そういう人が人情ドラマを作ってみたというわけだ。

 メイン州の小さな町に、殺人罪での服役を終えた若い女性がやってきて、いろいろとごたごたはあったけど、死にかけた町に再び活気をもたらしたという話。最初のうちはそこそこうまく進行するが、後半に入ってから、このタイプの映画で絶対にやってはいけないことをいくつもやってしまっているので、完全に気が萎えた。前半だけなら佳作の部類に入っただろう。

 その女性の役を演じるアリソン・エリオット、老女のエレン・バースティン、悪役のウィル・パットンは、いずれも良いところは良いのだが、かなりの部分で可哀想としか言いようがない演技をさせられている。

2000/8/30

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ