奇蹟の降る空/NIGHT WORLD

Nightworld: Riddler's Moon

Don McBrearty / Corbin Bernsen,Daniel Newman,Kate Mulgrew / 1998

★★★★

素直に楽しむことができた

 アメリカの農村地帯を舞台にしていながらも、撮影はルクセンブルグで行われている、カナダとルクセンブルグ資本のTVムービー。TVムービーとしての限界はあるにしても好感の持てる内容で、ハインラインみたいな古き良きSF小説をそのままうまく映画化したという、このご時世にはむしろ「意外性」のある温かいタッチのSF映画。SFとしての整合性が、とりわけ種明かしの部分でしっかりととられているため、最後まで見てもがっかりはしない。監督のドン・マクブリティはTVを中心に活動している人のようだ。

 インディアナ州の小さな郡で、畑の農作物が枯れ、そこに毒草が生えるという異常事態が発生する。そこで農業を営んでいる母親と車椅子に乗っている少年、そして飲んだくれの中年男の3人を中心に物語が進んでいく。この3人が笑ってしまうぐらいに善良でよい。母親を演じるのはケイト・マルグレー(「スタートレック/ボイジャー」のCaptain Kathryn Janeway)で、気味が悪いほどぴったりときている。頑健ながらも繊細、悲観的ながらも前向きという、このストーリーが与えているそこそこ複雑な人物像をそのまま体現してしまったような感じだ。息子を演じるダニエル・ニューマンは、TVを中心に活動している人で、車椅子に乗った「お告げ」を受けてしまう青年を嫌味なく演じている。この母子に好意を抱いている飲んだくれのコービン・バーンセンは、やはりTV中心の人で、気のいいオヤジをきれいに演じている。それ以外のキャストが驚くほど平板なのが、かえってこの3人の良さを引き立てているといってよいほどだ。

 全体として、これは良くも悪くも「TVムービー」なのだろう。予算はあまりなく、細かいところまで神経が行き届かない。そうだとしても、これはそのカテゴリでの最高レベルに達している佳作だと言えると思う。とにかく楽しんで見ることができた。

2000/9/12

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ