マンハッタン花物語

Bed of Roses

Michael Goldenberg / Christian Slater,Mary Stuart Masterson,Pamela Segall,Josh Brolin / 1995

★★

ところどころ良いが、全体として信じがたい話

 監督のマイケル・ゴールデンバーグは、これが処女作で、このあとに『コンタクト』の脚本を書いている。『コンタクト』はひどい映画だったが、とりわけ脚本のレベルで(原作はもちろんだが)問題を抱えていた。この映画の脚本にも大きな問題がある。

 メアリー・スチュアート・マスターソン(『フライド・グリーン・トマト』『ウィズ・ユー』)とクリスチャン・スレーター(『バジル』『フラッド』)のラブ・ストーリー。花屋を営んでいるスレーターが、キャリア・ウーマンのマスターソンに恋をして、一方的に花を送りつけるというストーカー行為に出る。マスターソンはなびくが、不幸な生い立ちのせいで「他人の愛し方がわからない」ため、いろいろと厄介なことが生じる。そういう不自然でまとまりのない物語を、マスターソンとスレーターは頑張ってリアルに見せようとするが、映画全体が発するネガティブなパワーにはとうてい勝てなかった。

2000/9/12

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ