エンド・オブ・デイズ

End of Days

Peter Hyams / Arnold Schwarzenegger,Gabriel Byrne,Robin Tunney,Udo Kier,Rod Steiger / 1999

★★

うー退屈だ

 ピーター・ハイアムズ(『レリック』)のつまらない映画。とはいえ、『タイムコップ』(1994)と『サドン・デス』(1995)のヴァン=ダム主演映画2作を連発した頃と比べれば、1997年の『レリック』と1999年の本作は、復調の兆しなのかもしれない。あんまりそういう気もしないんだが。

 警備会社に勤めるアーノルド・シュワルツェネッガー(『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』が、サタンの子を産むべく運命づけられたロビン・タネイを、サタンであるガブリエル・バーン(『エネミー・オブ・アメリカ』)から守るという話。考えてみれば、シュワルツェネッガーにとってみても、これは1991年の『ターミネーター2』以来のなんとか見られる映画ということになるかもしれない。

 どうやらピーター・ハイアムズは、『レリック』と同様に、「広間」という感じの広い場所に不思議な照明を当てるのを楽しんでいるようだ。この映画では、そのような場所がいくつか登場し、いずれも見応えのある光景になっているのだが、残念なことにそれらのつなぎ方はもちろんのこと、そこで展開されるアクションや物語がダメすぎる。地下の儀式会場や教会など、いい雰囲気が出ているのに残念なことではある。

 悪魔の手下にウド・キア。善人の側の神父にロッド・スタイガー。ウド・キアが悪いのは仕方がないにしても、ロッド・スタイガーっていつからこんなに善人っぽくなってしまったんだろうか。

2000/10/4

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ