ラスト・デイズ

Chain of Command

John Terlesky / Roy Scheider,Michael Biehn,Patrick Muldoon,Maria Conchita Alonso / 1999

★★★

驚いたことに楽しめた

 監督のジョン・ターレスキーは、B級映画専門の人のようだ。低予算B級アクション映画だがなかなか楽しめた。

 アメリカ大統領のロイ・シャイダーが、台湾にお忍びで出かけたところ、テロに遭う。それにしてもロイ・シャイダーは完全にB級映画俳優になってしまった。下手に大物感が出てしまって、潰しがきかなくなったということか。シークレット・サービス隊員がパトリック・マルドゥーン(『ブラック・ラン』『アライバル2』)。この人もチープな役者だが、結構気に入っている。この映画でも、途中まではなかなかかっこよい。悪いボディガードにマイケル・ビーン。副大統領にマリア・コンチータ・アロンゾ。こういう人々に加えて、小さい役のいろんな役者たちが、それぞれにいい意味でB級っぽさを出していて好ましい。

 残念ながら最後の方で急に弱くなるが、それまでのストーリー運びはなかなか快調で面白い。あくまでB級映画の中の佳作ということで。

2000/10/29

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ