スティル・クレイジー

Still Crazy

Brian Gibson / Stephen Rea,Billy Connolly,Jimmy Nail,Bill Nighy,Timothy Spall,Juliet Aubrey / 1998

★★★★

むさくるしくてかっこよい正統派ドラマ

 監督のブライアン・ギブソンは『陪審員』(1996)の人だが、『ポルターガイスト2』(1986)、『ブレイキング・グラス』(1980)などの佳作も作っている。本作は、1970年代のブリティッシュ・ロックのスター・バンド"Strange Fruit"が20年後に再結成するという話。よくあるストーリーだが、たとえば『ザ・サバーバンズ』が1980年代のバンドを扱っていたのに対し、こちらは1970年代のハード・ロックなので、喜劇として逃げ切ることは不可能である。

 そういう話を、恐ろしく癖のありそうな中年男たちを集めてきて、ストレートに作っている。この映画に思わず好感を抱いてしまったのは、この"Strange Fruit"の舞台がときとして本当にかっこいいから。楽器はスタジオ・ミュージシャンが演奏しているが、リード・ヴォーカルのビル・ナイと、ベースのジミー・ネイルは本当に歌っているらしい。

 その他、キーボードのスティーヴン・レイ、ドラムにティモシー・スポール、マネージャにビリー・コノリー、女マネージャにジュリエット・オーブリー、ビル・ナイの妻にヘレナ・ベルクストローム。ときどき困ってしまう場面があるが、全体として、この種のストーリーの映画の基準を軽々とクリアしている佳作だと思う。

DVDメモ。日本版。

予告編、メイキング。

2000/11/30

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ