イグジステンズ

eXistenZ

David Cronenberg / Jennifer Jason Leigh,Jude Law,Ian Holm,Willem Dafoe,Sarah Polley / 1999

★★★

少し拍子抜けか

 デヴィッド・クローネンバーグによる仮想現実SFもの。

 『ザ・ブルード/怒りのメタファー』あたりのベトベト・グチャグチャ・ホラー映画に回帰しているということで期待したのだが、たしかにコンピュータの本体やユーザー・インターフェイスに「バイオっぽさ」を持たせる趣向は楽しいにしても、ちょっとそれに寄りかかりすぎという感じがした。見ていて一番緊張したのは、中華料理店で「スペシャル」をオーダーするところ。前半はまあ仕方がないにしても、後半に向けてあれぐらいのテンションと奇怪さが持続していたら、観客が消耗する大変な映画になっていた可能性があるが、残念なことにそうはならなかった。まあ、映画は必ず観客を消耗させなくてはならない、というルールがあるわけではないんだが。

 主役のゲーム・デザイナーにジェニファー・ジェイソン・リー。ゲーム会社の社員にジュード・ロウ。この2人の役者の、何を考えているのかよくわからない表情の堅さを巧妙に利用しているという形だが、むしろこれはゲーム内でのジェニファー・ジェイソン・リーの性格設定が不十分であるということなのかもしれない。その他、イアン・ホルム、ウィレム・デフォーなどが小さい役で出ている。サラ・ポリーが普通のお姉ちゃんになっていた。

 全体として、『アイズ・ワイド・シャット』のキューブリックと同じように、クローネンバーグもこの路線から離れているうちに時代に乗り遅れてしまった可能性がある。

2000/12/3

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ