アンダーワールド

Underworld

Roger Christian / Denis Leary,Joe Mantegna,Anabella Sciorra,Traci Lords / 1997

★★

これは勘違い映画だが

 監督のロジャー・クリスチャンはB級SFをいくつか撮っている人のようだ。本作は、凝った映像と構図、かっこつけた演技とセリフで、ハードボイルドになると勘違いしている映画。

 主役を演じるデニス・リアリーは悪くない。こういう脚本が来てしまったときに、俳優ができる最高レベルの仕事をしていると思う。実際、この人のおかげでこの映画はかなり安心して見ることができた。相手役にジョー・マンテーニャ。その元妻にアナベラ・シオラ。この2人は標準的。珍しいところではトレーシー・ローズが出ている。

 学生映画の水準の映画作家が、高水準のスタッフと役者を得て作った失敗作ということになるだろうか。「バカなことやってるな」と笑いながら見ることができるので、長くは感じないが、他人には勧められない。ただし、これ全体がパロディ映画だとしたら、かなり腹を据えた作り方ではある。将来、マカロニ・ウェスタンにマニアがついているような形で、怪作として珍重されるようになるかもしれない。実をいうと、結構楽しめた。

2000/12/10

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ