ファントム

Phantoms

Joe Chappelle / Rose McGowan,Joanna Going,Ben Affleck,Live Schreiber,Peter O'Toole / 1998

出来の悪いホラー

 監督のジョー・チャペルは『ザ・ハッカー』の人。ディーン・R・クーンツの原作の映画化で、彼本人が脚本・製作にも絡んでいる。日本公開が遅れたのは出来が悪いせいだろう。

 アメリカの田舎の町の住人たちが、地下の化け物に襲われる。ローズ・マッゴーワンとジョアンナ・ゴーイングの姉妹、ベン・アフレックとリーヴ・シュライバーの法執行官の4人が、この町に閉じ込められて怖い思いをする。これになんとピーター・オトゥールが加わって、化け物を退治する。

 この映画は、ローズ・マッゴーワンとジョアンナ・ゴーイングの姉妹だけが出ている最初の10分ほどはけっこう雰囲気が良い。ベン・アフレックらが登場するとうっとうしくなり、化け物が出てくるとばかばかしくなり、ピーター・オトゥールが出てきた時点ではすでに笑うしかない。いっそのこと、最初から最後まで姉妹2人に無人の街をさまよわせていた方がよかった。可能ならばローズ・マッゴーワンを別の人に替えて。それが無理ならば、ベン・アフレックを外して、姉妹2人を主人公格に据えるべきだったろう。実際、映画の最初の方でキャラクターを構築していたのが全部無駄になっているのがもったいない。

2001/1/7

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ