知らなすぎた男

Man Who Knew Too Little,The

Jon Amiel / Bill Murray,Peter Gallagher,Joanne Whalley / 1997

★★

テンポの良くないコメディ

 ジョン・アミエル監督作品。『コピーキャット』(1995)の後、『エントラップメント』(1999)の前にあたる。ちなみにこの人は『バニラ・フォグ』の製作にも絡んでいたようだ。

 アメリカ人のビル・マーレイが、弟のいる英国を訪れ、演劇型ゲームに参加していると思い込んだまま国際的陰謀に巻き込まれ、大活躍をしてしまうというコメディ。念のため書いておくが、タイトルはヒッチコックの『知りすぎていた男』"The Man Who Knew Too Much" (1956)をひねっている。

 残念ながら、あまり出来が良くない。脚本上の論理的な不徹底さを、ビル・マーレイのコミカルな演技でごまかそうとしているように見える。あとは、この人に魅力を感じるかどうかという違いだけ。弟を演じるのはピーター・ギャラガーで、やっぱりこの映画でもダメ。ヒロインはジョアンヌ・ウォーリー。ヴァル・キルマーと結婚するという最悪の選択をした人である。1996年に離婚したことがまだしも救いだ。

 知的な英国風コメディにもなりえたかもしれない話が、ジェリー・ルイス映画みたいになっちゃったという感じでちょっと残念だった。別にジェリー・ルイス映画が悪いわけではないが、ビル・マーレイはジェリー・ルイスほどには腰がすわっていない。

2001/1/7

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ