マチルダ

Matilda

Danny DeVito / Mara Wilson,Danny DeVito,Rhea Perlman,Embeth Davidtz,Paul Reubens,Pam Ferris / 1996

★★

どうもうまく行っていない

 ダニー・デヴィートが監督・出演している子供向けファンタジー。ロアルド・ダールの原作の映画化。『キャリー』の平穏バージョン。

 ダニー・デヴィートが監督・出演しているコメディ映画には『鬼ママを殺せ』(1987)、『ローズ家の戦争』(1989)などがあるが、本作も含めて、自分自身の役者としての位置づけがあまりうまく行っていないように思う。やはり他の人の監督作に出演していた方が、当人のくどさがほどほどに抑えられて味わいが出てくる。逆に言えば、ダニー・デヴィートのコメディアンとしての性向を制約なしで解放した姿が、本作などの監督作に出てきているわけだ。

 テレキネシスを使う少女はマーラ・ウィルソン。彼女にも子役特有のくどさがあり、母親を演じるリー・パールマンや校長先生を演じるパム・フェリスなどとともに、類型的な演技に押し込められてしまっている。善良な担任教師を演じているのが、このところ気になっているエンベス・デイヴィッツ(『アンドリューNDR114』など)。ただひたすら静かで善良なだけの彼女が出てくるとかえってほっとする。おそらく監督としてのダニー・デヴィートは、彼女と彼女の役柄にはまったく興味を持っておらず、自分と同じようなくどい役者をくどく演出するのが好きなのである。そういう意味では、FBIエージェントとしてちょこっと姿を見せるポール・ルーベンス(元ピーウィー・ハーマン)にも監督の関心は向けられておらず、彼の出演作の中ではまっとうな役柄になっていた。

2001/2/23

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ