トゥリーズ・ラウンジ

Trees Lounge

Steve Buscemi / Steve Buscemi,Chloe Sevigny,Mimi Rogers,Samuel L. Jackson,Daniel Baldwin / 1996

★★★

しっかりとした作り

 スティーヴ・ブシェミの監督・脚本・主演作品。いまのところ、監督・脚本はこれ一本のみ。社会の底辺層の負け犬の生活を描く。

 クロエ・セヴィニー(『ラスト・デイズ・オブ・ディスコ』『パルメット』)の落ち穂拾いのつもりで見たのだが、このレベルの低予算映画としてはかなり良くできている映画だった。変なところに凝らずに、実に素直な映像をつなげて、ダメな男がいっそうダメになっていく様子を淡々と描いている。スティーヴ・ブシュミは、その怪異な風貌と演技のせいで変ないじられ方をすることが多いが、この映画の彼が演じる人物にはリアリティが感じられる。また、役者が映画を監督するときにやりがちなお遊びがまったくない、芯の通った映画で、かなり気に入った。

 役者の人選が渋く、それぞれにしっかりとした見せ場が与えられている。たとえば出番は少ないが、クロエ・セヴィニーの両親を演じるダニエル・ボールドウィンとミミ・ロジャーズ、トラック運転手2人組のサミュエル・L・ジャクソンとラリー・ギラードJrなどの使い方がいい。ブシュミ本人が、自分の出演作品でこういう扱いをしてもらいたいと思っているのだったら、もしかしたらこの人は不幸なのかもしれないと思ったことだった。

2001/4/13

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ