セブンD

Seven Days To Live

Sebastian Niemann / Amanda Plummer,Sean Pertwee / 2000

★★★

まあ手堅いということで

 監督のセバスチャン・ニーマンはテレビの人のようだ。ドイツ映画だが、使われている言語は最初から英語。

 アマンダ・プラマーとショーン・パートウィーの夫婦が幽霊屋敷に引っ越してきて怖い目に遭うという『シャイニング』的ストーリー。さまざまな古典的な仕掛けを、あまり手際の良いとはいえない形で組み合わせたという感じだが、正統派のホラー映画に真っ正面から挑戦しているという点に好感が持てる。アマンダ・プラマーとショーン・パートウィーは悪くないし、細かいところでけっこう怖い。

 欲を言えばきりがないけれども、こういう話で失笑しないで済むというだけでも標準以上かもしれない。撮影のレベルも高く、夜の屋外のシーンなんかはけっこう良い。映画の作りはコンパクトで、お遊びのカットがほとんどない。もうちょっと何かあってもいいんじゃないかとすら思ったほど。

2001/5/2

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ