追跡者

U.S. Marshalls

Stuart Baird / Tommy Lee Jones,Wesley Snipes,Robert Downey Jr. / 1998

★★★

かなりよくできている追っかけられもの

 『逃亡者』でハリソン・フォードを追いかけた連邦保安官のトミー・リー・ジョーンズを主役に据えた続篇。監督のスチュアート・ベアードは『エグゼクティブ・デシジョン』の人。今回追われるのはウェスリー・スナイプス。

 『逃亡者』ほどではないけれども、かなりよくできている映画だった。ロバート・ダウニーJrもウェスリー・スナイプスも、与えられた役柄を好演している。

 墓地、老人ホームなどの半開放空間での追っかけ合いの作り方にセンスが感じられる。教会の中にいるスナイプスを外から包囲し、その包囲網が破れると、今度は広大な墓地全体が包囲網となるプロセス。あるいは、老人ホームの建物で、上の方に逃げるときの垂直的な移動。まあ大したことはないといえば大したことはないのだが、「包囲→脱出」という流れが演じられる空間的な舞台を、ふつうに思いつきそうな範囲以上に拡大するという意図が感じられて気持ちよい。

1999/10/21

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ