ブルース・ブラザーズ2000

Blues Brothers 2000

John Landis / Dan Aykroyd,John Goodman,Joe Morton,J. Evan Bonifant,Nia Peeples / 1998

最悪

 ジョン・ランディス監督作品。『ブルース・ブラザーズ』(1980)の続篇。もっと早い時期(1980年代初頭)に続篇を作る計画があったのが、ジョン・ベルーシの死のせいで無期延期になっていたものを、ダン・エイクロイドの強い意志で実現にこぎつけたということらしい。ダン・エイクロイドは、前作に出演していたジョン・ベルーシとキャブ・キャロウェイの死を折り込んだ脚本を書いた。

 でまあ、最悪の出来の映画である。オリジナルの『ブルース・ブラザーズ』は公開時に高い評価を受け、商業的に成功しながらも、最初から「カルト・ムービー」としての地位が約束されているような扱いを受けた。そのような中で、あの映画はダメだと言っていた私はマイノリティに属していた。たしかに、オリジナルの『ブルース・ブラザーズ』のカー・クラッシュのシーンには驚いた。しかし、あの映画の取り柄といえばあれだけなのであり、この『ブルース・ブラザーズ2000』がオリジナルの名声を台無しにするダメな続篇だという論調には断固として反対したい。もともと、こういうものだったのである。

 ブルース・ブラザーズ・バンドのシンガーとして新たに参加するのは、ジョン・グッドマン、ジョー・モートン、そして子役のJ・エヴァン・ボニファント。女警官のニア・ピープルズはTV中心の人だ。『サイダーハウス・ルール』で本格的な演技をしていたので驚いたエリカ・バドゥは、こっちの方が普通に魅力的だが、映像としては出来のよくないビデオ・クリップというものでしかない。

2001/5/30

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ