恋するための3つのルール

Mickey Blue Eyes

Kelly Makin / Hugh Grant,James Caan,Jeanne Tripplehorn,Burt Young / 1999

★★

そこそこ面白いが

 監督のケリー・メイキンにはいくつか作品があるようだが、いずれも未見。

 ニューヨークで美術商を営んでいるヒュー・グラントは、恋人のジーン・トリプルホーンと結婚したいと望むが、その父親のジェームズ・カーンはイタリア系マフィアの一員だった。で、バート・ヤング演じる「おじさん」との絡みで、いろいろと大変なことが起こるというコメディ。

 ヒュー・グラントの走り方や発音に関するギャグは、予告編では面白そうなのだが、実際に映画を見てみると、それらが最良の部分だった。ストーリー全般が破綻している。

 ヒュー・グラントは間抜けな英国人を演じて悪くない。このていどの間抜けさがこの人には一番似合っている。いろいろと論議の的になりそうなのは、ヒロインのジーン・トリプルホーン。いったいなぜこの人がこの手のロマンティック・コメディの主役を張れるのかという疑問が、多くの人の頭の中に漂っているものと思う。しかし私はこの人が好きなので、楽しんで見ることができた。実際、この人の最近の出演作(『ベリー・バッド・ウェディング』『あなたに逢えるその日まで…』『スライディング・ドア』、そして『ウォーターワールド』など)での彼女はいずれも悪くない。

 その他、ジェームズ・カーンが若々しいことと、バート・ヤングが歳をとったことに驚いた。実はジェームズ・カーンの方が年上。

2001/6/13

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ