クラークス

Clerks,The

Kevin Smith / Brian O'Halloran,Jeff Anderson,Marilyn Ghigliotti,Jason Mewes,Kevin Smith / 1994

★★

まあ仕方がない低予算映画

 ケヴィン・スミス監督の第1作。この後には、『モール・ラッツ』(1995)、『チェイシング・エイミー』(1997)、『ドグマ』(1999)と続く。

 仲間うち低予算白黒映画。『モール・ラッツ』の原型と言うべき、低い社会階層の若者たちがだらだらしながら、「気の利いた」会話をするというタイプの映画。登場人物はみんな、覚えたセリフを棒読みしている。最初からその積もりで作っているようだ。

 その結果、質のよくないショート・コントを連続して見せられているという感じになった。『モール・ラッツ』にはジョーイ・ローレン・アダムスが下着の試着をするシーン、『チェイシング・エイミー』にはジョーイ・ローレン・アダムスとジェイソン・リーがセックス絡みのエピソード自慢をするシーン、『ドグマ』にはアラニス・モリセットと、それぞれ面白いシーンが少なくとも1つはあったのだが、この映画にはそんなものは1つもないと言ってよい。しかし、この映画は非常に単調な、ほとんど何も狙っていない映画なので、他の3本の映画の、面白い1つのシーン以外のほぼすべてのシーンに感じられる鬱陶しさが逆にないという利点を備えている。どっちの方がいいのか難しいところだ。

 そういう映画ではありながら、撮影を含むプロダクションが非常にしっかりしているのが興味深い。そこらの「B級」の商業ベースの映画よりもはるかに上質だった。

2001/6/27

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ