ワンダー・ボーイズ

Wonder Boys

Curtis Hanson / Michael Douglas,Tobey Maguire,Robert Downey Jr.,Katie Holmes / 2000

★★★★

面白い

 カーティス・ハンソン監督作品。マイケル・シェイボンの原作(『ワンダー・ボーイズ』)の映画化である。原作は翻訳の問題もあって読むのがつらかったのだが、この映画は楽しんで見ることができた。原作が「くどめのポップ文体」であるのに対し、こちらは渋めの演出をしているという違いもあるのだけれども、文章で長々と説明しなければならないことを、役者のちょっとした表情で表現できる映画というメディアの素晴らしさを再認識したということで。

 マイケル・ダグラス演じる作家の中年の危機を描くコメディ。その編集者にロバート・ダウニーJr.、学生にトビー・マガイア、学長にフランシス・マクドーマンド。作家の家に住んでいる女学生のケイティー・ホームズ(『鬼教師ミセス・ティングル』『アイス・ストーム』など)がただならぬ色気を発していて良い。

 不覚にもいま気づいたのだが、カーティス・ハンソンは『サイレント・パートナー』(1978)と『ホワイト・ドッグ』(1981)の脚本を書いているようだ。けっこう凄いことかもしれない。

2001/9/22

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ