隣のヒットマン

Whole Nine Yards,The

Jonathan Lynn / Bruce Willis,Matthew Perry,Rosanna Arquette,Michael Clarke Duncan,Natasha Henstridge,Amanda Peet,Kevin Pollak / 2000

★★★

よくできた脚本だが

 ジョナサン・リン監督作品。前作の『Mr. ダマー2 1/2』の★2つは基準が厳しかった頃の点数で、いまだったら★3つだろう。重要なのは、いまのところあれがシャーリーズ・セロンが一番チャーミングに写っている映画かもしれないということだ。他の要素がどんなにダメでも、シャーリーズ・セロンをチャーミングに撮ったということは映画界と人類に対する大きな貢献である。

 ブルース・ウィリスとマシュー・ペリーが主演するコメディ。隣に引っ越してきた男が殺し屋だったせいで、散々なことが起こるという巻き込まれ型。この映画は脚本が非常によくできているのだが、DVDに収録されていたジョナサン・リンのインタビューによると、本作はインディペンデント映画だったためにオリジナルの良い点がうまく生き残ったとのこと。残念ながら、その良い脚本に見合うだけの映画にはなっていなかった。省略すべきところを省略せず、詰め込み過ぎている。特にエンディング付近でその印象が強いのが致命的で、盛り上がるべきところが盛り上がらなかった。

 本作で『Mr. ダマー2 1/2』のシャーリーズ・セロンに相当するのは、歯医者のマシュー・ペリーの秘書を演じているアマンダ・ピートである。この人は『バニラ・フォグ』『彼女は最高』『素晴らしき日』に出ているようだが、まったく記憶に残っていない。だがこの映画を見た後に忘れるのは非常に困難だろう。

 マシュー・ペリーの妻を演じるロザンナ・アークエットは汚れ役を堂々と演じていて実にキュート。ブルース・ウィリスの妻を演じるナターシャ・ヘンストリッジは美しい。DVDのインタビューで、マシュー・ペリーのような凄い人と共演できて嬉しいと言っていたが、私はデビュー作の『スピーシーズ』と『スタンドオフ』で、マシュー・ペリーの『フレンズ』全話分(見てないけど)ぐらいのことは成し遂げたと思っているんだが一般的評価は違うのだろうな。ただ冷静に考えてみると、この映画の中でマシュー・ペリーがナターシャ・ヘンストリッジに恋をする理由が(彼女の美しさを除けば)よくわからないし、ナターシャ・ヘンストリッジがマシュー・ペリーを好きになる理由はもっとわからない。

2001/12/8

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ