異常心理分析官

Ein Mann wie eine Waffe

Michael Rowitz / Klaus Loewitsch,Jennifer Nitsch,Michael Brandner,Oliver Korittke / 1999

★★★★

重厚な刑事物

 ドイツ映画。日本で『異常心理分析官』のタイトルで流通しているビデオは、残念ながら英語吹替バージョンである。

 連続殺人事件専門の刑事もの。eine Waffeのような男を演じるのは、1950年代から活動しているベテラン俳優のクラウス・ローヴィッチュ(日本でよく知られている映画では、『マリア・ブラウンの結婚』の夫役。ハリウッド映画にも脇役でときどき出ている)。最初は親子という設定かと思ったイェニファー・ニッチュが恋人役だ。冒頭から物凄い迫力で、ちょっとカメラの動きが煩わしいところがあるが、基本的にしっかりした映像。

 この映画には単純に引き込まれた。吹替バージョンでなければ★5つにしたかもしれない。英語の吹替は日本語の吹替と同じように、ほとんどのケースで大げさな大根演技なのだが、特にこのようなダークでサスペンスフルな映画には似合わない。

2002/1/13

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ