誘拐犯

Way of the Gun,The

Christopher McQuarrie / James Caan,Benicio Del Toro,Ryan Phillippe,Juliette Lewis / 2000

★★★★

堅実

 監督のクリストファー・マッカリーは、ブライアン・シンガーの作品の脚本を書いている人。本作は監督デビュー作である。

 ベニチオ・デル・トロとライアン・フィリップのチンケな二人組が、出産間際の代理母のジュリエット・ルイスを身代金目的で誘拐するが、代理出産の依頼者が実は悪い奴で、ジェームズ・カーンを刺客として差し向ける。現代を舞台にしているが、実際にはペキンパー風の西部劇であり、クライマックスではメキシコの売春宿で古典的と呼びうる撃ち合いが行われる。

 私はブライアン・シンガーの映画が嫌いなので、その脚本を書いているとなると相当警戒したのだけれども、本作はなかなか楽しい映画だった。クリストファー・マッカリーは映画監督としてはブライアン・シンガーよりもいいんではなかろうか。ちょっと様式美にこだわりすぎている感じもするが、だいたいはうまく行っている。超低速のカーチェイスは非常にいいアイデア。

 ただねえ。もうちょっとヘテロセクシャルな要素を盛り込んでくれてもいいんじゃないか、と。

2002/1/31

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ