ダークシティ

Dark City

Alex Proyas / Rufus Sewell,William Hurt,Kiefer Sutherland,Jennifer Connelly / 1998

★★★

ブレードランナーはやはり罪作りな映画だった

 『クロウ』のアレックス・プロヤス監督。『ブレードランナー』的雰囲気のSF映画。

 致命的な欠点は、これが日本の某名作アニメ映画と似たプロットであるということで、あちらと比較してしまうと、こちらの「浅さ」が気にかかってしかたがない。そう思うと、夜ばかりで昼がこないこの街の雰囲気がこけおどしに見えてくるのでますますやばいのである。

 主演のルーファス・シーウェルには大いに不満があるのだが、脇を固めるキーファー・サザーランド、ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハートがいずれもとても良い。特にサザーランドとコネリーが「普通の意味」で良かった映画なんてちょっとやそっとでは思い出せないことを考えると、これは偉業といってよいのではないかと思う。

 悪夢に出てくるような街と風景というコンセプトが、ちょっと中途半端だったか。セットは悪くないんだが、脚本の(SF的な意味での)不徹底さと、その映像化の陳腐さ(地下に集う、あるいは地上に出てくる異星人たち、なんとかならなかったんだろうか)がだめなんだろうな。

1999/10/27

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ