ギフト

Gift, The

Sam Raimi / Cate Blanchett,Giovanni Ribisi,Greg Kinnear,Hilary Swank,Keanu Reeves,Katie Holmes,Michael Jeter,Gary Cole / 2000

★★★

根本的な間違い

 サム・ライミ監督の「一般映画」寄りのオカルト映画。

 ジョージア州の田舎町を舞台に、ケイト・ブランシェットがESPを持つ3人の子持ちの寡婦を演じる。上の出演者一覧をじっくり見ていただきたい。この中で1人が殺され、1人が犯人である。さて、それぞれ誰でしょうか? たぶんあなたの推理は正解である。殺される人を外す可能性はあるが、犯人の方はまず当たっているだろう。

 そのように最初からわかり切っているストーリーであるにもかかわらず、この映画は「意外なエンディング」を演出しようとして必死にミスディレクションを行う。これはかなりつらい。配役をもうちょっと考えるか、もう1回どんでん返しが欲しかった。1時間50分の映画で、始まってから1時間半以内に明示的に提示される仮説は必ずレッド・ヘリングであるという常識を観客が持っていないかのような作りの作品である。

 ただし、脚本家(ビリー・ボブ・ソーントンが関わっている)の狙いは、サスペンス映画であるかのように見せかけて実は愛の映画だったという仕掛けにあるのだろう。それならば、クライマックスのかなり前の時点で真犯人を明示し、「これからどうなるのか」というサスペンスを醸成すべきだった。ミスディレクションのつもりで挿入しているフラッシュバック(というかフラッシュフォワードかこれは)は、それがレッド・ヘリングであることがみえみえなのでかなり興を削いでいるだけでなく、愛の映画であるという仕掛けのネタばらしともなってしまっている。

 ケイト・ブランシェットは地味な役を地味に演じてえらく説得力があり、ダークなストーリーの担い手として完璧だった。ジョヴァンニ・リビシは相変わらず役作りがお好き。『リストラ・マン』で嫌味な上司を演じていたゲイリー・コールは嫌味な検事を演じている。ジョージア州のやり切れない田舎さを描く映像はかなりクオリティが高い。幻想シーンが安っぽいのが残念。

 ちなみにESPカードを占いに使うというのは変である。あれはESPテストに使用するものであり、個々の絵柄には特に意味が込められていない。

2002/3/7

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ