アラクニッド

Arachnid

Jack Sholder / Chris Potter,Alex Reid / 2001

こりゃひどい

 ジャック・ショルダー監督のクリーチャーもの。スペイン資本ではあるが、舞台はグアム付近の島で、使われる言語は英語。何か(たぶんエイリアンの宇宙船)が墜落し、島の虫に異変が起こって、クモが巨大化する。島を訪れた医療チームが災難に遭う。

 駄作。俳優、特撮、資金などのあらゆる面での貧しさが露骨に出ている。冒頭のSFXは、いまどきのコンピュータ・ゲームにも劣る出来栄えだし、巨大なクモは1982年の『遊星からの物体X』にも劣る出来栄えだ。時期的には1955年の『世紀の怪物/タランチュラの襲撃』"Tarantula!"あたりを言及したくなる。

 B級のアメリカ映画に出てくるストリッパーのやる気のなさそうな踊りにかえってリアリティが感じられることがあるけれども、この映画にはそれと似たような効果が感じられた。この映画に出てくる人々は、恐ろしい状況に遭遇しても、なんだか反応が鈍いのである。意外に現実はこんなものかもしれないな、と思ったことだった。

2002/3/7

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ