シティ・ヒート

Motorrad-Cops: Hart am Limit, Die

Sigi Rothemund / Matthias Paul,Jens-Peter Nuenemann,Yvonne De Bark / 1999

★★

標準的につまらない

 ドイツのTVシリーズ。日本に流通しているのはTVシリーズの拡大版。原題の"Die Motorrad-Cops: Hart am Limit"は、「オートバイ警官: 限界までハードに」というような意味。オートバイに乗った3人組の警官が活躍するシリーズらしく、この拡大版は3人が出会う最初のエピソードだと思われる。ちなみに1984年のリチャード・ベンジャミンの"City Heat"は、中黒なしの『シティヒート』。『アウトバーン・コップ』というのがあるのに、なんで「オートバイ・コップ」にしなかったのかよくわからない。なんであれ素直な邦題は付けまいという意地があるのだろうか。もう1つの可能性は、「オートバイ」という文字を入れると詐欺になるという配慮があったというものである。それぐらい、本作のオートバイのシーンはダサい。

 なお、どうでもいいことだが、音楽はハンス・ジマー(というか、ドイツ人だからハンス・ツィンマー)。

 あまり理屈の通らない陰謀を巡らすテロリストを、はみ出し者の3人のオートバイ警官が退治する話。それはどうでもいいのだが、『コークスクリュー・トラック』で元気なおねえちゃんを演じていたイヴォンネ・デ・バークがレギュラーとして出演しており、本作では必然性のあまりない下着姿を2回見せている。

2002/4/4

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ