ビヨンド・ザ・マット

Beyond The Mat

Barry W. Blaustein / Mick Foley,Jake Roberts,Terry Funk.Vince McMahon / 1999

★★★

悪くはないドキュメンタリー

 製作・監督・脚本・ナレーションのバリー・W・ブラウスタインは、『サタデー・ナイト・ライブ』の脚本家出身で、『ナッティ・プロフェッサー』『ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々』を含むエディ・マーフィー主演映画や、『ポリス・アカデミー2』の脚本を手がけている。要するに、そうとうダメなのである。

 本作は公開年度の1999年までの2〜3年間に撮影された、アメリカのプロセス業界のドキュメンタリー。その後もこの業界は刻々と変化しており、この映画で描かれている多くの要素が変わってしまった。特にWWFはいっそうバカバカしく変容している。

 本作はミック・フォーリー、テリー・ファンク、ジェイク・ロバーツという、それぞれポジションの異なるプロレスラー3人を中心に据えて、アメリカのプロレス業界を多面的に見ようとする試み。舞台上では派手な戦いを繰り広げる彼らも、リングを降りれば普通の人間である、というメッセージを伝えようとしている。ドキュメンタリーとしては特に良いところもない普通の出来だが、登場する人々がやはりショウ・ビジネスの人たちだけあってインパクトが強い。

 この数年のアメリカのプロレス界は、WWFのエンタテインメント指向とTV業界でのリアリティTV指向が合体して、エンタテイナーとしてはプロだが役者としては素人であるプロレスラーを使ったリアリティTVとして楽しむという仕組みになっている、ように思う。本作にはそのような仕組みとの整合性がある。上記3人のプロレスラーの家族を撮っているシーンは、いっそうリアリティTVに近い。

 バリー・W・ブラウスタインと製作者のロン・ハワードは、その仕組みを強化する「プロレスラーもリングを降りれば普通の人だ」というメッセージを伝えるのに適した人選をしている。そして本作で一番面白いのは、そういう意図からはずれたところで映ってしまった人々、すなわちWWF、APW、そしてECWのオーナーたちだ。この3人はそれぞれ特徴と能力は異なるが完璧な山師で、映画が伝えようとしているロン・ハワード的なハートウォーミングなメッセージとの整合性がないためにかえって強い印象を残している。そしてこの映画の製作者たちは、そのことに気づいていないだろう。頭悪いから。

2002/4/14

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ