トゥームレイダー

Lara Croft: Tomb Raider

Simon West / Angelina Jolie,Jon Voight,Iain Glen,Noah Taylor / 2001

★★

駄作

 サイモン・ウェスト監督作品(『将軍の娘/エリザベス・キャンベル』『コン・エアー』)。ララ・クロフトなる主人公が古代の秘宝を暴くアクション・ゲームの映画化。映画の中ではいろいろな機械が出てくるが、ゲームではこれらの機械の間をララ・クロフトが飛び回り、あちこちのボタンを押したりレバーを引いたりして、宝物に接近していく。まさかそういうプロセスを映画の中でほんとに描くとは思わなかった。

 その結果、この映画に出てくるトゥームレイダーたちは、行く先々で現代のテクノロジーでは説明不可能っぽい仕掛けに遭遇しつつも、それらには一切目を向けず、むしろそれらを破壊して、ひたすら目的とする正体不明の宝物に突進していくという、経済的に不合理な行動を取っているように見えてしまう。宝物を守っているあの石像をソニーかホンダに持っていけば、かなり高く買ってくれるに違いない。

 アンジェリーナ・ジョリーのアクションは期待はずれ。アクション・シーンがスタントマンによって演じられていることはしかたがないが、普通に歩いたり走ったりするシーンにも切れが感じられない。その点で『ダーク・エンジェル』のジェシカ・アルバは逸材だと改めて思った。もちろんそれ以前に、アクション映画としての工夫がまるでないという問題がある。実の父であるジョン・ヴォイトが父親役で出演。

2002/4/25

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ