ウェディング・プランナー

Wedding Planner,The

Adam Shankman / Jennifer Lopez,Matthew McConaughey,Bridgette Wilson,Judy Greer / 2001

笑ってしまうほどダメ

 監督のアダム・シャンクマンはコレオグラファーとしてクレジットされている作品がたくさんある。監督作品はこれ以前に1つあるようだ。

 ウェディング・プランナーのジェニファー・ロペスは、クライアントのブリジット・ウィルソンのお相手であるマシュー・マコノヒーに横恋慕してしまったので、搦め手でブリジット・ウィルソンを翻心させ、ついでに自らの婚約者であるジャスティン・チェンバーズにも結婚を諦めさせて、マシュー・マコノヒーを手に入れる。さすが本職だけあって見事なプランニングである、というロマンティック・コメディ。

 表面上は純真に振る舞いながら、ブリジット・ウィルソンの深層意識に「ひょっとしたらこの人は運命の人じゃないんじゃないかしら」という考えを忍び込ませたり、ジャスティン・チェンバーズに「ひょっとしたら僕がこの人と結婚するのは悪いことなんじゃないか」と思わせたりするそのテクニックはかなり高度である。配偶者を巡る戦いは、このように血も涙もない冷徹なものなのである。

 いやまあ、そういう映画じゃないんだろうけれども。あまりにひどくて笑ってしまった。脚本の時点で、こうなることがわからなかったのだろうか?

 本作の唯一といってよい見所は、ジェニファー・ロペスのアシスタントを演じるジュディ・グリア(『2999年異性への旅』『ハート・オブ・ウーマン』『ハード・キャンディー』)が、表情と発声の面でジョーン・キューザックを連想させるスラップスティックなコメディをやっていることである。その風貌のせいか陰気な役柄ばかりだったが、本作では堂々たるコメディエンヌぶりを見せてくれる。

2002/5/26

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ