ロードキラー

Joy Ride

John Dahl / Paul Walker,Steve Zahn,Leelee Sobieski,Jessica Bowman / 2001

★★★★

手堅い佳作

 監督のジョン・ダールは、『ラウンダーズ』、『アンフォアゲッタブル』など、どんなに頑張っても佳作にしかならないような題材の映画を作る人。本作も、ハイウェイ上でトラックに追い回されるという、誰からも『激突』のパクリだと言われそうな題材を手堅くまとめている。原題は"Joy Ride"だが、オーストラリアと英国では"Road Kill"というタイトルが使用されている。一義的には、車にはねられて死んだ動物のこと。

 ポール・ウォーカー(弟)とスティーヴ・ザーン(兄)の2人が、ちょっかいをかけたトラックの運転手に追いかけ回される。これに、弟のガールフレンドのリリ・ソビエスキーが加わって、いっそう大変なことになる。

 物語の導入部はきわめて巧妙。残念ながら、リリ・ソビエスキーが車に同乗してからは、サスペンスの醸成よりもアクションに重きが置かれており、それまでの兄弟2人の心理描写が良かっただけに見劣りする。クライマックスに向けての物語の展開もちょっといい加減で、リリ・ソビエスキーが加わったことによる状況の変化が十分に考えられていないという印象がある。

 しかし、前半部の完成度が、そのような欠点を十分に補っていると思う。気弱なポール・ウォーカーと能天気なスティーヴ・ザーンの心情が、不気味なトラック運転手の行動に呼応して、それぞれ微妙にサイクルを違えながら変化していく様子が見事に描かれている。やっぱり本作も「佳作」である。

2002/6/23

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ