ルール2

Urban Legends: Final Cut

John Ottman / Jennifer Morriosn,Matthew Davis,Hart Bochner,Loretta Devine / 2000

学生映画レベル

 監督のジョン・オットマンは音楽と編集の人で、監督作品はこれが初めて。『ルール』の続編。

 これに比べると前作の『ルール』が大傑作に見えるといえるぐらい、本作には何の取り柄もなかった。映画学校を舞台にした「メタ映画もの」として作っているところがそもそも素人くさいのだが、その設定をうまく活かそうという意欲すら感じられない。前作にも出ていた警備員のロレッタ・ディヴァインが、その後クビになってこの学校で働いているという設定で登場する。また、レベッカ・ゲイハートがクレジットなしのカメオ出演。

 ヒロインのジェニファー・モリソンの相手役のマシュー・デイヴィスは、『キューティ・ブロンド』でリース・ウィザースプーンを振る金持ちのお坊ちゃんを演じていた人。あれとさほど変わらない感じで、この映画ではヒーローを演じている。

 ひょっとして前作の『ルール』はいい映画だったんじゃないかと、最近思い始めている。

2002/9/3

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ