ホットゾーン

Venomous

Fred Olen Ray / Treat Williams,Mary Page Keller / 2001

ダメなB級

 監督は、フレッド・オーレン・レイ、エド・レイモンド、シャーマン・スコットなどの名前を使っている人。そう、『アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマン』の人である。あれに比べると本作は超大作だ。なんせトリート・ウィリアムズという名の通ったB級役者が出ている。

 軍が秘密裡に作っていた、ガラガラヘビをキャリアとするウイルスが、研究所が爆破されたために拡散する。そしてアメリカの田舎町でそのウイルスに感染して死亡する人が続出し、軍は秘密を守るために空爆によって町を丸ごと消そうとする。この町の人は、ガラガラヘビに噛まれるぐらいはあまり気にしないんである。それがウイルスをキャリーしているから、問題になるのだった。

 町を軍が占拠するシーンは、長さが50メートルぐらいしかないと思われる小さな通りに、軍用車を数台通すことによって表現される。

 トリート・ウィリアムズはいつもの通り。その妻の役にメアリー・ペイジ・ケラー。最悪というわけではないが、見所のまったくないダメなB級映画であった。

2002/9/16

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ