ゴールド・コースト

Gold Coast

Peter Weller / David Caruso,Marg Helgenberger / 1997

★★★

期待していなかったら、意外にも面白い映画だった

 1997年のTVムービー。監督のピーター・ウェラーは、"あの"役者のピーター・ウェラーと同一人物で(『ロボコップ』の主演男優といえば通りがいいか)、これまでにTVムービーを数本撮っているようだ。

 エルモア・レナード原作の、マイアミを舞台にした軽い感じの犯罪映画で、これがまた意外なことに楽しい。クールな小悪人を演じるデヴィッド・カルーソー、美しい中年の未亡人を演じるマージ・ヘルゲンバーガー、狂った悪人を演じるジェフ・コーバー(ただし私はこの人のことを知らない)が、それぞれに過不足なく存在感を持っていて、まあ意外なことは何も起こらないんだけど、そういうのを最後まで見せきるのが映画監督の腕前であるわけなのだ。

 特にデヴィッド・カルーソーのクールさは、くどい小悪人像が流行している昨今(クエンティン・タランティーノの責任だと言いたいところだが、ルーツはマーティン・スコセッシか?)には貴重かもしれない。何が起こっても動じないが、別に「強い」わけではないのだ。生き延びる知恵を身に着けた小動物という感じ。この映画でも、彼は普通の悪人ヒーロー映画だったらありえないような形で生き残る。

1999/11/14

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ