インモラル捜査官(エージェント)

Motel Blue

Sam Firstenberg / Sean Young,Soleil Moon Frye,Robert Vaughn / 1997

★★

うーむつらい

 監督のサム・ファーステンバーグは『スパイダーズ2』の人。たまたま前項で話に出た『ブレイクダンス2/ブーガルビートでT.K.O!』(1984)の人でもある。

 ビデオ屋に行くと「官能サスペンス」という名前の付いた中途半端な作品が並んでいる棚があるけれども、まさにそのジャンルど真ん中の作品。ショーン・ヤングは1990年代に入って、このタイプの映画に多く出演しており、80年代スターの行く末を見届けるという使命感を持っている私は、彼女の出演作はチャンスがあればとりあえず見ておきたいと思っている。最近では『ホワイトトラッシュ その日暮らし』での老けぶりに驚いたのだが、本作ではいちおう色気のある中年女性。

 ソレイユ・ムーン・フライ(TV中心)演じる国防省の捜査官が、ショーン・ヤングの機密情報へのアクセス資格の調査を行ううちに、その暗い秘密に気づき、同時に惹かれていく……、というようなストーリーはどうでもいいとして、この人の背の低さと、ショーン・ヤングの長身の対照が興味深かった。国防省の役人という権力は持ちながらも、小柄で未成熟なソレイユ・ムーン・フライと、捜査の対象という弱みを持ちながらも、長身で成熟したショーン・ヤングの組み合わせは、面白くなる余地を秘めていたように思われる。そのポテンシャルが活かされることは最後までなかったが、あまり残念という気もしないという、ダメな映画である。

2002/9/30

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ