ワイルド・エンジェル

Wilde Engel

Sigi Rothemund / Susann Uplegger,Eva Habermann,Birgit Stauber / 2002

★★★★

驚いたことに面白いドイツ版チャーリーズ・エンジェル

 ドイツのTVムービー。監督のジギ・ローテムントはTV中心の人のようだ。ビデオ・パッケージに「ドイツ版チャーリーズ・エンジェル」と記されているとおり、3人の女性を主人公としたアクション映画。本作はTVシリーズのパイロットで、女性たちが出会うきっかけとなった事件を90分かけて描いている。原題の"Wilde Engel"はまさに"Wild Angels"の意味。

 本作は驚いたことに面白かった。パッケージにはドイツ人らしいゴツい体格と表情の写真があって相当身構えていたのだが、実際に見始めると素直に楽しかった。3人の内訳は、大富豪で銀行家のズザン・ウップレガー、ブロンド刑事のエファ・ハーバーマン、格闘が得意なビルギット・シュタウバー。各キャラクターにさまざまなスキルがうまく配分されていて、今後のシリーズ内でどんな事件にも対応できそうである。特に、登場人物の1人に富豪を持ってきたところは、筒井康隆の『富豪刑事』を思い出させる面白い着想だ。本作では、警察が張った非常線から、自家用のヘリコプターを使って脱出するというシチュエーションがある。

 なお、前半にあるカーチェイスは、『アウトバーン・コップ』のようなカー・アクションをメインとした作品よりも面白い。その他、カメラワークも編集も劇場用映画の合格点以上をとっている、安定した品質の娯楽作品だった。アメリカ製の映画やTV作品を見慣れている目には、ドイツ語の発音の無骨さもあって、主役の女性たちが地味でゴツく見えるかもしれない。ドイツ製のTVムービーに適用している★1つ分のアップグレードを行わないで★4つ。さすがに★5つにするのにはためらいを感じるので。

2002/10/14

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ