ヴァンパイア/最後の聖戦

John Carpenter's Vampires

John Carpenter / James Woods,Daniel Baldwin,Sheryl Lee,Thomas Ian Griffith,Maximilian Schell / 1998

★★★★

こういうのをもっと見たい

 ジョン・カーペンター監督作品の落ち穂拾い。えらいものを見逃していた。この人が一番面白かった『ニューヨーク1997』(1981)と『遊星からの物体X』(1982)の頃への先祖返りである。しかし、バジェットの点では『要塞警察』(1976)にまで先祖返りしている。

 1960年代SFっぽい乾いた世界観と、Goblin風のプログレ・シンセサイザー・ミュージックが郷愁を誘う。「古き良き時代の映画」という形容をこんな映画に適用する日が来るとは夢にも思わなかったが、まあそういうことだ。ヴァンパイア退治の手順が面白く、たとえばロバート・オルドリッチの『特攻大作戦』(1967)とか『北国の帝王』(1973)を初めて見たときのようなワクワク感を久しぶりに味わった。アクション映画の王道を行っている。

 しかし、普通の映画として他人に勧めるにはあまりに安っぽい。ジェームズ・ウッズは文句なしに素晴らしいが、相棒のダニエル・ボールドウィンを弟のスティーヴンに変えれば映画の品格は1つも2つも上がったはずだ。そうすれば、娼婦役のシェリル・リーにももうちょっと見せ場が作れただろう。マクシミリアン・シェルが神父の役で出演。また、フランク・ダラボンが車を盗まれる男の役で顔を出している。

2002/10/14

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ