ジェヴォーダンの獣

Pacte des loups, Le

Christophe Gans / Samuel Le Bihan,Vincent Cassel,Emilie Dequenne,Monica Bellucci,Jeremie Renier,Mark Dacascos / 2001

★★★

いまひとつ盛り上がらない

 監督のクリストフ・ガンズは『ネクロノミカン』(1993)と『クライング・フリーマン』(1996)の人(どちらも未見)。18世紀フランスで実際に起こった事件を題材にした伝奇もの。

 サミュエル・ル・ビアン演じる博物学者が、マーク・ダカスコス演じるネイティブ・アメリカンの友人を連れて、女と子供ばかりが謎の野獣によって殺されるという事件を解決しに、ジェヴォーダン地方にやってくる。そこにいたのがヴァンサン・カッセルとエミリー・デュケンヌの兄妹、貴族のジェレミー・レニエ、そして娼婦のモニカ・ベルッチ。

 昔のフランスを舞台に無理矢理カンフーをやる映画としては、ピーター・ハイアムズの『ヤング・ブラッド』と比べると圧倒的に出来が良い。マーク・ダカスコスが素晴らしいせいである。しかし残念なことに、本作はスター競演映画であるため、彼を主役に据えた映画にはできないという制約があった。そのせいで、本作はサブプロットが展開する時間が異様に長い映画になってしまった。メイン・プロットは「マーク・ダカスコスが悪者をやっつける。マーク・ダカスコスが遠くを見つめる。マーク・ダカスコスが瞑想する。モニカ・ベルッチが脱ぐ。マーク・ダカスコスが占いをする。マーク・ダカスコスが悪者をやっつける」で、サブプロットにロマンスとか陰謀とかがあった。

2002/10/16

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ