ザ・キャッチャー

The Catcher

イベット・ホフマン、ガイ・クロフォード / David Heavener,Monique Parent,Joe Estevez / 1998

超バカなホラー/スプラッター

 低予算のバカ・ホラー映画。子供のころに父親から野球の猛烈な特訓を受けた(またそれに反発して父親を殺した)ことがトラウマとなっている野球バカが、夜の野球場に居残っている愚かな人々を一人ずつ殺していく。バットで殴り殺したり、バットで犯したり、ピッチング・マシンを使ってぶち殺したり、ホーム・ベースのところに縛りつけておいて、スライディングによってスパイクで顔面を打ったり、といった趣向がある。これは面白いかもしれないと思ったら大間違いである。

 露出を記録しわすれたのかカット・バックで画面の明るさがつながらないし、絵コンテを間違えたのか同じショットを使いまわしするし、人物が縦に動くとピントが合わなくなるという最悪の映画。昔はこういうのも頑張って見たものだが、もう体力がないことがわかった。

 なお、最後のクライマックスだけ尋常でないシーンが展開する。ここの部分はバカが突き抜けているという感じでそこそこ感動はしたのだが(しかしそれも下手なのが泣かせる)、これを見るために1時間以上の時間を我慢する価値はないし、ここだけを見たら、単なるわけのわからないシーンだ。

1999/11/16

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ