ピース・ピープル

Everlasting Piece,An

Barry Levinson / Barry McEvoy,Brian F. O'Bryne,Anna Friel / 2000

★★

特に悪くはないが

 バリー・レヴィンソン監督作品。監督作品としては、『スフィア』(1998)の後、『バンディッツ』の前ということになる。日本で公開されなかったことからわかるように、非常に地味な作品なのだが、個人的にはこの2作よりも(また『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』よりも)マシであるように思えた。とにかく、この人の最近の作品はいずれもひどいのだが、本作は特にひどくはない。

 北アイルランドを舞台に、カトリックとプロテスタントの男2人がカツラ販売業に乗り出す。これにIRAや英国軍などが絡んできて、最後には人情ものとしてオトすという、まあ言ってみれば魂胆がみえみえの人情コメディではある。原題の"piece"はカツラ、つまりヘアピースにかけている。邦題の『ピース・ピープル』は、2人が立ちあげる会社の名前。主演のバリー・マッケヴォイが脚本を書いている。

2002/11/2

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ