D-TOX

D-Tox

Jim Gillespie / Sylvester Stallone,Charles Dutton,Kris Kristofferson,Dina Meyer,Jeffrey Wright,Tom Berenger,Polly Walker,Sean Patrick Flanery / 2002

★★

大失敗

 監督のジム・ギレスピーは『ラスト・サマー』の人。シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画。

 FBIエージェントのシルヴェスター・スタローンが警官専用のD-Tox施設に入院すると、豪雪のために交通の途絶えた施設内で医者や患者が何者かに殺されていく。つまらない密閉環境ものという点が『ラスト・サマー』と共通している。

 本作の配役はけっこう豪華であり、その人たちをけっこうあっさりと死なせてしまうというところにヒッチコック風の意外性を狙ったつもりなのだと思うのだが、それがバックファイアして、「その人が出てきてもそれとわからない」という哀しい状況が生じている。たとえば、私がディナ・メイヤーのファンであることは『サブマリン アタック』とか『ザ・シークレット エージェント』とか『BATS 蝙蝠地獄』みたいな★1つの作品を見ていることからおわかりいただけると思う。本作でも、この人が出演していることはDVDのパッケージかオープニング・クレジットかで認識していて、少しは楽しみにしていたのだ。で、映画を見終わった段階で、「どこに出てたのかわからない」ことに気づき、あわててIMDBに行って役名を確認すると、冒頭でほんのちょっと顔を見せただけで殺される役だったのである(ネタバレ)。

 トム・ベレンジャーについては、そこまではひどくなかった。何とか映画の途中で、それがトム・ベレンジャーであることを認識できた(でも、最初のうちは地味な脇役だな、と思って見ていた)。

 こういう最悪の事態のなかで、シルヴェスター・スタローンは可もないが特に不可もないという安定性を見せている。スターの貫禄とはこういうものなのだろうか。

2002/12/13

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ