ザ・ワン

One, The

James Wong / Jet Li,Carla Gugino,Delroy Lindo,Jason Statham / 2001

★★

ジェット・リーのジャン=クロード・ヴァン・ダム化

 監督のジェームズ・ウォンは、いかにも頭の悪そうな『ファイナル・デスティネーション』の人。本作はジェット・リーが『マトリックス』を蹴って出演したという曰くつきのアクション映画で、やはり物凄く頭が悪そうだった。

 パラレルワールドに125人のジェット・リーが存在するという売り文句から、125人のジェット・リーが画面上で『少林寺』のような大混戦を繰り広げるのかと思って期待したのだが、さすがに特撮もそこまでは進歩していないのだった。物語の冒頭で、善玉と悪玉の2人しか残っていない。そうなると、これはジャン=クロード・ヴァン・ダム化と呼ぶしかない。善玉と悪玉をそれっぽく演じ分けることが映画の質に向上するという思いこみが、見ていて痛々しいのも同じである。

 素晴らしいはずのアクションが、妙なワイヤーアクションや特殊撮影で台無しになっている。ヴァン=ダムも初期の『ブラッド・スポーツ』(1987)や『キックボクサー』(1989)あたりは非常に良かったんだが。

 なお、ヒロインに、個人的に注目中のカーラ・グギーノ(『スパイキッズ』『裏切りのKiSS』『スネーク・アイズ』)。こうやって見ると、出演作の選び方に大きな問題があるような気が……

2003/1/22

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ