ダイヴ

Interstate 84

Ross Partridge / Kevin Dillon,John Littlefield,John Doman / 2000

★★★★

ATG映画、ないし1970年代もの

 監督のロス・パートリッジは役者出身で、本作が監督第一作となる。DVDのパッケージでは、ケヴィン・スペイシーが製作に絡んでいることが強調され、男が橋の上から落下する大きな絵とともに「『ユージュアル・サスペクツ』のような逆転につぐ逆転」というニュアンスの宣伝が行われている。

 が、その実体はATG映画、ないし1960〜70年代アメリカ映画を思い出させる精神障害者ものなのだった。図体のでかい、頭の回りの鈍い男が、いい加減に生きているまわりの人々に人生の正道を思い起こさせるという直球勝負の作品である。ちなみにDVDに収録されていたオリジナルのトレイラーは、映画の正体を完全に隠して、ハードなサスペンス映画として売り込んでいる。要するに、営業部門が扱いに困るアーティスティックな作品が間違ってできちゃったということだろう。

 何の予備知識もなく、大して期待せずに見始めた映画だっただけに、その正体がわかったときの驚きがけっこう大きく、かなり感動した。ただし、普通のサスペンス映画を期待して見た人には、この映画はとんでもないダメ映画に見えるだろうし、最初から精神障害者ものだとわかって見る人には、伏線の張り方が弱い映画に見えるだろう。

 美しいどんでん返しのあるしっかりとした脚本を、低予算でしっかりと映像化した佳作。ファンタジックな人情ものが好きな人にのみお勧めできる。

2003/4/26

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ