プロフェシー

Mothman Prophecies,The

Mark Pellington / Richard Gere,Laura Linney,Will Patton,Debra Messing,Alan Bates / 2002

★★★★★

大傑作

 マーク・ペリントン監督作品(『インディアナポリスの夏/青春の傷痕』『隣人は静かに笑う』)。これが第3作。

 これは大傑作だった。リチャード・ギアとローラ・リネイは、最近再見した『真実の行方』のコンビだよな、どちらもかっこよく映っているといいなぁ、などと軽い気持ちで見始めたのは大変失礼なことだった。オカルト/ホラーのジャンルで歴史に残るといってよい名作である。

 ワシントン・ポストの記者リチャード・ギアは妻デブラ・メッシングを脳腫瘍で失う。その2年後、彼はウエスト・バージニア州ポイント・プレザントに迷い込み、不可思議な現象に出会う。そこの警官がローラ・リネイ、奇妙な現象に遭遇する男がウィル・パットン、超常現象の研究家の役にアラン・ベイツ。

 本作は、ビデオ・アート風の映像を映画にうまく取り込んだ珍しい成功例として注目に値する。このところ疲れた中年男を演じて敵なしのリチャード・ギアの熱演と、ウィル・パットンの超のつく好演、非常にていねいなシーン作りと構図作り、この手の題材への「正しい」アプローチをしている脚本、そして美しい音楽などが組み合わさって、最初から最後まで気を抜けない密度の濃い映画が完成している。

 映画を見ていて本気で「怖い」と思ったのは久しぶりという意味で、本格的なホラー映画ではあるのだが、映像の上でも映画が伝えるメッセージの上でもとことん美しい善良な映画でもある。

2003/4/26

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ