スナイパー

Liberty Stands Still

Kari Skogland / Wesley Snipes,Linda Fiorentino,Oliver Platt / 2002

★★

企画倒れ

 監督・脚本のカリ・スコグランドはテレビ出身の人。2001年の『サティスファクション』はまったくダメな映画だった。

 ウェズリー・スナイプスがライフルを使って、銃製造業者の妻のリンダ・フィオレンティーノを、白昼堂々、人が大勢集まっている広場で「人質」にとる。その夫にオリヴァー・プラット。

 人質ものとして奇抜なシチュエーションであり、面白い映画になっていた可能性はあるのだが、残念ながらうまく行っていない。脚本の練り不足だろう。個々の要素にハッとさせられる部分があっても、それが流れの中にきれいに組み込まれていないのである。

 それだけでなく、本作は空間の描写がよくない。ウェズリー・スナイプスがいる部屋と、リンダ・フィオレンティーノが縛り付けられているホットドッグ屋台、劇場の正面玄関、パトカーが止まっている場所などの位置関係をサスペンスの醸成に使おうという意思がまったくないのが致命的。これがうまく行っていれば、とてもわくわくさせられる作品になっていたに違いないのに。

 非常にもったいない。誰かちゃんとした人にリメイクしてほしい。

2003/5/8

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ