ブレイド

Blade

Stephen Norrington / Wesley Snipes,Stephen Dorff,Kris Kristofferson / 1998

★★★

アクション・シーンがよくできている

 ウェスリー・スナイプス主演のバンパイア・ハンターもの。監督のスティーヴン・ノリントンはウェスリー・スナイプスが見込んだ新進監督らしい。

 少年ナイフ、DJ Krush、日本刀など、日本の新しめのカルチャーの影響が『マトリックス』よりも強く(しかしあまり洗練されていない形で)感じられる。スナイプスが演じる半吸血鬼の「ブレイド」は、平井和正のウルフガイを思い起こさせるような設定で、最後の方のシーンに見られる情念もそっくりなんだが、これはむしろ現代のアメリカン・コミックの流れか? アクション・シーンは『マトリックス』よりも良くできている気がする。最初の方で手持ちカメラの奇妙な揺れが新鮮だったが、後の方になるにつれて普通になっていったのはなぜ?

 クリス・クリストファーソンがチャールトン・ヘストンに似ているように見えたのだが、これは『オメガマン』からの連想か?

1999/11/27

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ