UPRISING アップライジング

Uprising

Jon Avnet / Leelee Sobieski,Hank Azaria,David Schwimmer,Jon Voight,Donald Sutherland / 2001

途中で断念

 ジョン・アヴネット監督作品(『フライド・グリーン・トマト』『8月のメモワール』『レッド・コーナー/北京の二人』)。第二次世界大戦時のポーランドを舞台にしたユダヤ人もの。

 申し訳ないが、この映画は途中で見るのをやめた。『聖なる嘘つき/その名はジェイコブ』と同じく、アメリカ人の役者が「ポーランド訛りの英語」を喋るのに耐えられなくなったからである。

 以前、友人との会話で出てきた話。ケーブルTVでアメリカのニュース番組を気楽に見られるようになった彼は、外国人の発言に英語を重ねるときに、その国の言葉の「訛り」が使われることに新鮮な驚きを感じていた。たとえば、日本の出来事を伝えるニュースで、街頭の日本人に対するインタビューが映るとき、日本人による日本語の声には、「ジャパニーズ・イングリッシュ」が重ねられる。翻訳/通訳者がその仕事をやっているということも考えられるが、もしかしたらさまざまな国の訛りを喋るボイス・アクターが用意されているのかもしれない。

 アメリカ映画の世界では、これは昔から当たり前だったわけだけれども、私の感覚は「もうそういう時代じゃない」である。申し訳ないが、生理的に耐えられない。

2003/5/28

IMDBの該当ページへ

検索ページへ 目次へ 前へ 次へ